主人の実家の一戸建て

プログラミング

主人の実家の一戸建て

主人の実家は、漁師町にあります。古い木造の長屋のような家が並んでいます。主人の実家も細長く、庭は門から玄関までと、裏庭の洗濯干し場や倉庫がある部分になります。細長いので玄関前は道路で、裏庭から出ても道路です。道路と道路に挟まれた家です。

問題は、土地の部分です。家の一部は、誰のものかわからなくなっていた土地に建てているのです。30年前に、家を建て替えた際にこの土地にかかるように建てていました。

主人は数年前に知ったそうです。長男のため、相続するだろうということで話を聞いたそうです。私は義理の姉から聞かされました。正直、困っています。今はまだ両親が生きていてこの家に住んでいますが、将来相続しなければならなくなった時にどうなるのだろうと思うと嫌になってきます。お年寄りなので、建てるときに気にしなかったようです。無断で建てるなんて、私には考えられません。

この家もかなり古くなってきました。両親は、まだまだ丈夫に住めると思い込んでいます。しかし、嫁から見るとかなり痛んでいるのがわかります。台所は、一度もリフォームしたことがなく、床もぼこぼこしてきました。廊下は、数年前にフローリングの板が割れてリフォームをしています。一緒に他の部屋もすればよかったのですが、お金がかかるためしていません。

両親が生きている間は、何とか住めると思います。しかし、もし家を継ぐことになると大々的なリフォームをしないと住むのは難しそうです。

両親は体が悪く、ほとんど使わなくなったお風呂はカビだらけになっています。トイレはバリアフリーにリフォーム済みです。

この町は、過疎化が進んでかなり不便な場所にあります。バスもあまり来なくなりました。子育てするには、車で学校の送り迎えが不可欠です。病院もスーパーも近くにはありません。漁師の方には便利な町でも、漁師以外は住みにくい町になってしまいました。

住宅予定地の売買について

近所に住宅予定地として、土地がどんどん売りに出されています。

最近、新しい住宅が増えてきました。古くからある住宅を取り壊して更地にして売りに出されている土地、ずっと空き地だったところを住宅地として売りに出されている土地など、日増しに目立ってきました。

このエリアはここ数年人口が増えたこともあり、不動産の開発が進んだのです。

爪水虫

その中でも、公園の横の住宅予定地が気になります。今のところ、3件の予定で、建売住宅と注文住宅です。まだ工事が始まっていません。

ここは、ずっと空き地でした。交通の便はよく、道路の幅も広く、日当たりもよく住みやすそうです。

しかし、難点があります。裏にあたる部分に住んでいる家の住人が、近所では要注意人物として名前が挙がっています。時々奇声を発します。

人を選ばず、子供や大人にどんどん声をかけていき、特に子供を連れて行こうとするのです。私は、その人がいきなり話しかけてきて、自分の子供の前で抱き付かれたことがありました。

他には、近所の家では、外から子供たちに話しかけてきて、勝手に家の中に上がり込んでいたこともありました。不審者が多い中、この家の近くに住むことは危険に感じます。小さな子供がいる家は特に困ると思います。

納得してこの土地を購入するのは問題ないと思いますが、不動産屋はこのことを知っているのでしょうか?最初の印象は、おしゃべりな変なおじさんでした。

しかし、子供を川へ連れて行って、突き落とそうとしたのを見た人がいました。私は、この人とどう接していったらいいかわからず、今でも困っています。

新築一戸建てを購入するときには、ご近所の情報も欲しいです。学校や買い物や病院に便利なことも重要です。

しかし、連れ去りや犯罪などの防止のためマイナスの情報も流すべきだと思います。納得した人が購入すればいいことで、後で知ったら問題になります。

この土地は、どんな方が購入するかはわかりません。うまく付き合っていける方であってほしいです。